スポンサードリンク

銀婚湯という温泉旅館をご存じですか?

銀婚式のお祝いには関連のある、

”銀婚湯(ぎんこんゆ)”をご存知ですか?


銀婚湯とは、

北海道の八雲町にある温泉旅館のことなのです。


銀婚湯という名前の由来ですが、

この地にお湯を掘り当てた日が

大正天皇の銀婚式の日だったということから

名づけられたそうで、大変に縁起の良い温泉です。



温泉の泉質は、

ナトリウムの塩化物泉、塩化物・炭酸水素塩泉で

源泉温度はおよそ65℃〜90℃。


温泉の効能は、

浴用としては、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩、

運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・痔疾、

慢性消化器病・慢性皮膚病・病後回復期・疲労回復、

健康増進・虚弱児童・慢性婦人病・冷え性・きりきず、

やけどなどに良いとされ、


飲用としては、慢性消化器病・慢性便秘・糖尿病、

痛風・肝臓病などに良いとされています。


銀婚湯という温泉旅館は、

ゆったりとした時間の中で、淡々とあふれる湯につかり、

四季折々の彩りを眺め、旬の幸に随喜する。

そんな癒されるご褒美の意味でも、

自分自身や長年苦労を供にしてきたパートナーと

訪れたい名湯です。



銀婚湯を訪れるお客様は、

やはり、銀婚湯の名前のとおり

銀婚式を迎えられたご夫婦や、


25周年という銀婚式を将来迎えられるような、

いつまでも仲の良い夫婦であることを願う

新婚夫婦に人気があります。






銀婚式(ぎんこんしき)とは

銀婚式のお祝いで失敗しないマナー








銀婚式のお祝いのプレゼントを探したいのトップへ
posted by える@銀婚式 at 21:58 | 銀婚湯という温泉旅館